FX自動売買EAは詐欺?海外FX無料EAとXMのIB報酬の関係を暴露します。

どうもこんにちは!

ネット活動家の真島です。

最近よく見るのが、

「無料EAで月利10%~30%稼げます!」
「放置で稼げるから初心者でも楽ちん!」

などという文言を見かけます。

しかも、大量発生しているという。。。

一見すると普通に怪しい広告だと思うのですが、これに引っかかってしまう人は未だに多数います。

よくあるのがLINE@に誘導してそこで勧誘するという手法。

これについて僕はどのように思っているのか?本当に儲かるのか?自動売買って詐欺じゃないのか?

今日はそんなお話をしたいと思います。

FXの自動売買EAのすべてが詐欺ではないが、大半が詐欺である。

まず、FXの自動売買EAのイメージは、

「放置でお金儲けをすることができる」
「楽してお金が稼げる」

ということだと思いますが、そもそも、そんな簡単にお金が稼げる自動売買ソフトが市場に多く出回るものなのか?

もちろん、世の中広いですから本当にすごい自動売買ソフトは存在するのかもしれません。

ただですね、ほとんどが紛い物であると僕は断言します。

まず、月利10%とか中には50%とか書いてある無料EAを宣伝しているブログなんかありますが、

なぜこの数字が約束できるのか?

投資なんて不確定要素が高いし、やっている人間はわかると思いますが勝つ月もあれば負ける月もある。

それを自動売買でコンスタントに利益を上げるというのは簡単にできるものなのか?と疑ってしまうが…

それに、一時的に50%の月利を出したとしても、その翌月に月利がマイナスになってしまう事だってあり得る。

で、そのことについては一切触れない。都合の良いところばかりで、勝っているところだけ切り取って実績にしているのも現状です。

そもそも、なぜそんなに凄い無料EAを必死で配るのか?

どう考えても投資助言法に違反している広告文とかありますが、なぜそこまで煽ってEAを配りたがるのか?

それは、XMのIB報酬が目的だからです。

XMという海外FXの業者のマイクロ口座を選択させることがほとんど。ゼロスプレッドを選択させることはほぼない。

というか、見たことがありませんw

なぜ、XMのマイクロ口座を選択させるかといえば、あれは、色々な業者と比較してもスプレッドがものすごく大きい。

言い忘れていましたが、スプレッドとはFX業者の取引手数料の一部です。

当然、これが広ければ利益を得るうえで不利になります。で、

XMのアフィリエイト報酬というのはこのスプレッドの一部が還元される仕組み。

無料EAの多くはアホみたいにポジションをとりますが、ポジションを取るごとに報酬が発生するから配布者がお金儲けできるのです。

また、えぐいのは、EAを使用している人たちが勝とうが負けようが関係なしに儲けることができる。

つまり、EAを使用する人たちはハイリスクなのに対し、配布している側はノーリスクでお金儲けすることができるという話。

それを知っていて使いもんにならないEAを配るのはどう考えても詐欺でしょう。

勝てないEAの特徴とはどんな感じ?色々な種類をまとめてみました。

1.ナンピン&マーチン系

エントリーした方向と相場が逆に動いたらどんどんポジションを追加する。ロットを上げて追加する。

ナンピンの場合はロットを上げなかったり、少しだけロットを上げたり。マーチンはポジションを取るごとに倍掛け。

これで勝つことが出来ればおいしいですが、負けた時の損失額がものすごいことになります。

これは投資というよりも恐ろしいぐらいギャンブル的なEAですので最終的に勝つことが不可能といっても過言ではありません。

ナンピン、マーチンEAは一時的には勝つことが出来ても最後は負けますんでおすすめはしません。

まあ、相場はいつ急変するかわからないので、その対策が出来ていないような自動売買ソフトは勝てるわけがないのです。

2.ストップロスとテイクプロフィットのバランスが悪すぎる

例えば、ストップロスが100pipsに対してテイクプロフィットが10pipsとかこんなようなEAはおすすめしません。

ストップロスが広いためなかなか損切しません。相場は持っていれば高確率で戻ってくるので勝率自体は非常に良いのです。

しかし、稀に逆にトレンドが走りそれで大きな損失を被ります。

いくら、勝率が高くても常に薄利を積み上げて一回の負けでその大半を失う。コツコツドカンタイプのEAです。

こういうったEAも相場との相性が悪くなった瞬間ぼろ負けします。

3.ストップロスが広すぎるもしくは損切りしない

両建てEAとかよくありますが、損切をしないとかストップロスが広すぎて常に持ちっぱなしの含み損を抱えるEAです。

何か月も含み損を抱えているとマイナススワップで建値に来たときは結果マイナス。

含み損を抱えながら含み益の部分を利食いしているけどそで月利〇〇%とか謳っている。

いやいや、月利じゃなく、確定損益ね。含み損のぞいたら明らかに月利はマイナスになっているという自動売買…

戦略としてはロットを小さくして大きく伸ばす。その代わり何日も持ち続けるというものですが、

常に含み損を抱えるということは、爆弾を抱え続けているのと同じでコロナショックのような大変動が起こったときキツイ。

本当に勝つことができるEAってどんなものなのか?

1.利食い損切のバランスが良い

コツコツ勝ってコツコツ負けていく。そして、徐々に利益が増えていくタイプのEAです。

爆益感が一切なく、本当に地味な増え方をするから見ていても全く面白くなく興味を持つ人も少ないでしょう。

よくある、月利30%の自動売買とは程遠く、月利はマイナスになることもあればプラスになることもある。

年利で言えばよくて30%ぐらいでしょうかね。

2.トラリピ系

トラリピとは、もともとはマネースクウェア社が提供するループイフダンとういシステムに組み込まれた手法です。

相場を予想しないことを前提としてポジションをとります。

おすすめの方法はドル円が下がったら買いポジを入れる、ユロドルが上がったら売りポジを入れる。

これならば、長く保有してもスワップ金利でプラスになるから儲けやすい。

ただ、この手法のデメリットはロットを張れない。あくまでも長く持つことを前提とした手法ですからね。

こちらも、年利数十パーセント程度を目指すような方法です。資金管理次第ではかなり固いし初心者向きです。

このように自動売買で月利何十パーセントとか100%超えを出すようなものは逆に飛ぶ確率も高くなることを念頭に入れておくべきでしょう。

自動売買で勝ちたいなら固いEAをたくさん揃えてポートフォリオを組んでいくことがおすすめです。

自動売買EAで必要な情報を公開しているか?

自動売買系のソフトを購入するのであれば以下の項目を見ることが重要です。

1.最大ドローダウン
2.最大プロフィット
3.平均ドローダウン
4.平均プロフィット
5.過去数年のデータ
6.Myfxbookの情報

この6つの情報がしっかりと公開できているか?ということを見たほうが良いです。

ほとんどのケースがMT4のバックテストのデーターを紹介しているだけのパターンが多いですね。

もちろん、あれも大事ではありますが、あくまでもバックテスト。理想論、机上の空論です。

ロジックの優位性を計るための第一段階がバックテストです。その次にフォワードテストをする必要があります。

考案されたEAが本当に使えるものなのか?リアルトレードで走らせる必要があります。

バックテストでオッケーでもフォワードテストだとダメダメなパターンはよくあるのでここは見たほうが良いです。

結論、自動売買で月利30%の不労所得を得る?そんなに甘いくないですw

以上のことから自動売買で毎月楽して30%の月利を得ることなんて難しいのです。

Twitterやブログをみていると無料EAを紹介している方々がたくさんいらっしゃいますが勝ち続けられるものはほとんどない。

AIが搭載されているとか意味不明なことを書いている人もいますが、AIなんてビッグデーターが必要なシステムを無料で提供できるわけがありません。

国家や大企業が大金をかけてようやくできる人工知能の世界。

ですので、そういった類のものはほとんどが紛い物と考えても間違いないでしょう。

実際、自動売買で楽してお金儲けが出来ている人がいるのか?信ぴょう性のある証拠を出せる人はほぼいないと思います。

ということで、自動売買の詐欺には要注意。

以上、真島でした。


情報商材詐欺返金おススメ法律相談所

高田馬場法務事務所

仮想通貨、転売、せどり、アフィリエイト、バイナリーオプション、FX、株式投資などの情報商材の返金請求に強い法律相談所です。無料相談も受け付けておりますので詐欺に遭ったという人は是非一度ご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です