SEO・SNSの怪しい広告代理店の詐欺手口と返金請求する方法について。

どうもこんにちは!

インターネット活動家@真島です。

僕、こうみえて昔は某中小零細の広告代理店でSEOライターとして勤務していた時代がありました。

とはいっても、2年で辞めましたけどねw

インターネットの集客に困ったECサイト様、クリニック様などのホームページ作成からSEO対策、リスティング広告運用、SNS代行など。

色々なことをやっていた会社でした。

すべての広告代理店が悪だとはいいませんが、結構ね、黒いことをやっている会社も多いので要注意です。

広告代理店といえば表向きはクリーンですが、裏側はね、結構怪しいことをやっていたりしますからね。

例えば、うさん臭い情報商材をプロモーションするとか。。。

そこで、今日は広告代理店の詐欺手口から返金請求について書いてみました。

高額な料金を支払ってSEO対策を広告代理店に依頼するのはちょっと待て!

広告代理店にSEO対策を依頼すると基本的に高いです。

法人相手とかお金持ちを相手にしているところもありますので料金は高額なのかもしれません。

しかし、それにしても料金に対する価値を提供できているかといえば微妙。

1.SEO対策が必ずしもプロとは限らない

僕もSEO対策をやっているチームにいたことがありましたが、素人の集まりというか、ネットで調べればわかるようなことしかやっていない。

こーいう広告代理店もありますのでほんと注意したほうが良いです。

自分でネットで少し調べればできるようなことを毎月50万円とかとっているのです。

その話を聞いて、う~ん。。。どうなんだろうなって思って僕は退職したわけですがほんと腕の悪い広告代理店を選んでしまうと最悪です。

2.調べれば誰でもわかるようなことって?

ライバルの調べ方、タイトルに入れるキーワード、サーチコンソールの見方、アナリティクスの見方など。

その辺にいる稼いでいるブロガー、アフィリエイターのほうがよっぽどSEOの知識があるほどです。

まあ、強いて言うならば、バックリンクをまとめてCSVに落とすとか、レポートの作り方とかは普通の人はわからないかもしれません。

ただ、どうやって上位表示させるか?という技術的なところは儲かっているSEOアフィリエイターのほうが上だと思います。

3.バックリンクサービスはやめとけ

質の良いバックリンクや貼り方によってはまだ上位表示の効果が期待できるとか、よいオールドドメインを使うことで上位表示は可能。

このようなことを謳っている人たちもいますね。

確かにそうかもしれません。ただ、Googleが否定している時点でやるべきではないですし、業者によっては酷いバックリンクサービスをやっています。

無料ブログでステマ記事を書いてバックリンク。そんなんで上がるわけね~だろwというようなことをスタッフに一生懸命やらせるのです。

広告代理店のリスティング広告、SNS広告代行もおすすめはしない

1.広告代行はコスパが悪い

なぜかといえば、必ずしも広告運用のプロがやっているわけでもないからです。ずぶの素人がやっていることもあるので。

で、商材が売れなくても契約したお金は払わなくてはいけないので非常にコスパの悪い投資になります。

それぐらいなら、広告代理店に依頼するお金を使って自分でリスティング広告に回したほうが遥かにコストパフォーマンスが良い。

ほんと、成果が出せなくても高額なお金を請求されるので、マジで腕の良い業者以外はお勧めできません。

2.成果だけ求めると詐欺広告を運用することも

ネットにある詐欺広告、Youtube、SNSなどでよく見かけるようなつり広告がありますがああいったものを作る広告代理店もいます。

インフルエンサーと組んで成果を求めるがためにいかにも怪しい広告を作って配信してしまうというのはあります。

打ち合わせでどういう広告を配信するかというのは伝えるとは思いますが、あまり関わりたくないならおススメはしません。

僕も昔メルマガ広告をやっていたときに怪しい広告代理店からすごい胡散臭い商品を依頼されたことがありましたね(苦笑)

SNSフォロワー増加サービスも辞めておくべき。

SNSのフォロワーを増やせば自分が

インフルエンサーとして商品紹介できるようになるとか、アクセスを集められるからメリットなんです。

とかいいますね。

ただ、それができるのは生きたフォロワーでありあなたのことに興味を持って登録してくれた人たちなのです。

けど、詐欺広告代理店がやっていることというのは、フォロワーを買って増やすこと、ツールを使って増やすだけ。

確かに見た目は増えています。けど、実際に何か投稿したら反応してくれるか?といったらほとんど反応がないのです。

業界用語だとインプレッションというのですが、全然商品が売れるほどないのです。つまり、この時点で詐欺ですよね。

広告代理店でホームページ作成もおすすめはしません。

広告代理店でホームページの作成を依頼すると、結構高額ですよね?

30万円とか、50万円とかふつうにとりますからね。

それが普通だと思うのかもしれませんが、

正直ホームページの作成、まあ、どのレベルを求めるのかにもよりますが

クラウドソーシングサービスを利用すれば半額で済みます。

なぜ、広告代理店だと高いのかといえば、社員をたくさん囲っているというのもあるので単価を高めないとやってられないからです。

しかし、クラウドソーシングなど個人事業主やフリーランサーであれば社員がいなく一人でやっているから同じクオリティでも安い値段でやってくれます。

このように、基本的に広告代理店は高額な料金を請求する割にはそこまでのことはしてくれないことが多いので自分でやるほうがマシだと思います。

詐欺っぽいページを作ったり、詐欺っぽい広告文で配信したり黒いことをやっている業者も多いので注意すべきですね。

広告代理店の詐欺に騙された!返金することは可能なのか?

1.まずどういった契約を結んだかがポイント

まず、SEO対策の依頼、SNS広告の依頼、リスティング広告の依頼等いろいろとありますが、

重要なのはどういった契約を結ぶかです。

成功報酬型なのに成功しない、でもお金はとるであれば詐欺でしょうけど、

成果が出なくてもこれだけのお金は取りますよ。とか、成功したらさらにこれだけのお金をとりますよ。

とかであれば仮に成功はしなくてもお金を支払わなければなりません。

これでどういう契約を結ぶのかによって変わってくるのでまずはここを確認しなければいけません。

2.聞いた話と内容が違う場合があるので。

打ち合わせと契約書を交わす段階で音声を録音しておくことをおすすめします。

言っていることと、契約内容がずいぶんと違うとか、なんだか無理やり契約させられるとかそういったパターンもないこともないので。

例えば、前金はいただきますが、基本的にまったく成果が出ないという事はないので安心してください。というような営業トークなら成果保障を勘違いさせる要素があります。

そのため、もしかしたら返金できる可能性がありますのでこういったところも注視していきましょう。

3.明らかに消費者が錯誤するような契約

例えば、依頼しても全く成果が出ないことがわかりきっているようなサービスを契約させた場合は無効になる可能性があります。

SEO対策、リスティング広告の依頼もそれは当てはまります。

例えば、成果保障については触れていなくても「私たちのお客様はこのサービスを受けてほとんどが集客に成功しています。」といわれた場合。

「ああ、この会社さんに依頼すれば集客はうまくいくんだろうな。」というように意図的に思わせる営業トーク。

ただ、実態はそんなことはなく、成果なんてのは全くでないケース。成功報酬型ではなくても勘違いさせる要素があれば返金の可能性は高くなります。

4.契約内容と異なる場合は返金の対象に

これは当たり前ですが、契約した内容とまったくことなるサービスを提供されたパターン。

確かに集客は成功したけど、売り方が話に聞いていたこととは全く異なりブラックなやり方をしているとかも対象になります。

このように、第三者目線からみて消費者が納得できないケースというのは返金の対象になる可能性が高まります。

ですから、契約する際の音声、契約書、メールでのやり取り、商品、サービスなどすべて保存しておきましょう。

5.証拠を集めたら弁護士に相談しよう!

契約によっては返金してもらえない可能性もありますが、逆もありまして、返金してもらえる場合も多いのです。

そのため、色々と証拠となるものを保存しておきましょう。

また、現在はネット詐欺の無料相談を受け付けている法律相談所はたくさんありますのですぐに相談しましょう。

このような事案は行動を早く、相談を早くすることで返金もしてもらえ安くなります。


情報商材詐欺返金おススメ法律相談所

高田馬場法務事務所

仮想通貨、転売、せどり、アフィリエイト、バイナリーオプション、FX、株式投資などの情報商材の返金請求に強い法律相談所です。無料相談も受け付けておりますので詐欺に遭ったという人は是非一度ご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です